読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諭吉落としのアニメ備忘録

アニメの感想なんかをつらつらと……

TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』感想 (追記:9話)

2017年冬アニメ 小林さんちのメイドラゴン 京アニ

f:id:arsenichero:20161229012643j:plain

原作:クール教信者 (月刊アクション / 双葉社)

制作:京都アニメーション

放送:2017年1月11日 (水) ~ <TOKYO MX

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」 (@maidragon_anime) | Twitter

 

〈イントロダクション〉

独り身お疲れOLの小林さん。

そんな彼女の家に訪ねてきたのは、

なんとドラゴンだった!?

茫然とする小林さんの目の前で、

ドラゴンはメイド服を着た

美少女へと変身する。

どうやら昨夜、

自分で家に誘ったらしいが、

泥酔していて全く覚えて

いない小林さん。

「メイドとして働かせてください!」

―― 角に尻尾にメイドなドラゴン娘・

トールとのポンコツでハチャメチャな

新生活が始まる!

 

(TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」 公式サイトより)

 

 

 

 

第1話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」

今期の京アニ枠。さすがに京アニとあって、作画は非常に安定且つ丁寧でした。過去にもいくつか京アニ作品を見てきましたけど、クオリティーという点ではやはり群を抜いてますよね。

 

冒頭、玄関開けたらいきなりドラゴンは怖すぎ笑。小林さん、突っ立ってただけだけど常人なら腰抜かしますよ。OPも軽快でよかったですね。昇天シーンがなかなかシュールでした。

ドラゴン通勤に汚れだけを都合よく落とす唾液、トールの尻尾焼きなどなどなかなか見た目が悪すぎ。そして電話に出てくるファフニールさん、何者笑?あと、あんなメイド談義、誰でも話に入れんわ笑……と、突っ込みどころが満載の作品ですね。

ただ、そんなギャグ要素がありつつ、トールの過去?などシリアスな場面もちゃんと描かれていました。ああいう過去?をもっていると、小林さんみたいな人は天使みたいに感じるんでしょうね……。

次回は、第二のドラゴンが登場 (ネタバレ全開)。まぁ、1話にちょろっと出てましたけど……。

 

最後に……

トールの裸、寝間着姿最高!

 

 

第2話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」

トール、なかなか人間世界に馴染んでいるようですね。しかし過去の事があるのか、下等生物だとか劣等種とか言いつつも人間に対する恐怖はあるようです。怖がるトールの手を引く小林さん、なかなか人間できてるな、と見てて思いましたが、トールの「この手、しばらく洗わない」ってセリフで一気に引き戻されましたね笑

 

そして今回は、第二のドラゴン・カンナの登場回でした。一つ一つの仕草が可愛らしかったですね。しかし少しじゃれついてただけって、なかなかレベル高すぎだろって思いましたね。目がマジでした笑。あとカンナの力の源が電気とか言ってましたけど、ドラゴンはそれぞれ固有の力の源を持ってるんですかね?トールの場合は火かな?

 

最後は、シリアスな場面を入れてきましたね。トールは死んだことになっているのか……。しかし小林さんはどのようにして瀕死のトールを助けたんですかね?変なオチがなければいいけど笑

 

最後に……
やけにトール、尻尾肉を推してたな笑
見た目が悪すぎる笑

 

 

第3話「新生活、始まる! (もちろんうまくいきません)」

相変わらず今回もトールがちょろゴンしてましたけど、そんなギャグシーンもありつつシリアスな部分、考えさせられる部分も入れてきて、かなり1つ1つのシーンにメリハリがあるな、という印象を受けました。端的に言ってしまえば、メッセージ性が強いとでも言うのでしょうか?騒音トラブルの話がありましたけど、あそこで描かれているのは、人間の利己的な部分ですよね。トールは、そういった人間の性格に疑問を抱いていますが、小林さんの譲歩しつつも解決策を模索していくやり方は、感心する部分がありますね。まぁかなり理想論に近いようには感じますが……。トールに大きく影響を与えていることは間違いありません。

 

今回は、新たな登場人物も登場。1話から気になっていたファフニールさん。痴女ことケツァルコアトルさん。やたらと宝箱に向かいたがるファフニールさんは、やはり期待を裏切らなかった笑

 

最後に……。
ルコアさん、とにかくエロかったな……。
もちろん胸も凄いが、あの脚・太腿が特にあかん。

 

 

第4話「カンナ、学校に行く! (その必要はないんですが)」

今回は、カンナのメイン回。

小林さん、トールと一緒に学校に必要なものを買いに行くシーン。キュートな文房具を欲しがるところは、ドラゴンと言えど、心は女子小学生なんですね笑。赤のランドセルを選んだ理由が人間の血を吸った赤だからとか……。なかなか凄い……。しかしランドセル姿が可愛かった。

カンナのクラスメートである才川リコもなかなかいいキャラしてましたね。やけにあのおでこの光が気になってしょうがなかったが……笑。

 

後半のドッヂボール。手加減してるからといいって、あんなボール食らったら、常人なら点に召されているような……。ファフニールさん、もはやボール投げてなかったところありましたよね笑?しかし、あんなこともこんなこともすべて魔法で記憶操作できるとか、なかなか便利ですね。

 

最後に……。

このアニメは脚への情熱を切に感じる。カンナの太腿、あれ最高ですね。

そしてルコアさんの乳の揺れ、あれぞまさしく乳催眠笑

 

 

第5話「トールの社会勉強! (本人は出来てるつもりです)」

やはりこの作品、メッセージ性が強いですね。かと言って堅苦しいということもなく、ネタやギャグとのバランスが絶妙なので、全体としてしっかりとしている印象です。

 

前半部分の話にしろ、後半部分の話にしろ、一貫してトールが人間の事を隈なく理解しようとしているお話でした。表向き、人間のことを劣等種だとしてある意味蔑んだ態度を示していますが、やはり心のどこかで人間のことを、もしくは人間世界のことを少しずつ受け入れている部分があるのだと思います。このことは、ファフニールさんとの会話でも窺い知ることができるのではないかと思います。そして、トールが徐々に変わっていくのに伴って小林さんにも変化が表れ始めました。異種間との交流によって、初めて認識するところも多いのでしょう。まさにイシュカン・コミュニケーション笑。

 

最後に……。
もはやリコがアヘ顔要員でしかなくなってる……笑。
ファフニールさん、人間世界に感化されているトールを心配していたが、あんたも充分感化されてるよ笑。

 

 

第6話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」

今回は、タイトルにもあるようにお宅訪問のお話でした (尚1軒は訪問してませんが……) 。


1軒目は、才川リコの家。とりあえずカンナのリコへのスキンシップが積極的過ぎでしたね笑。メイド談義で、小林さんとあそこまで盛り上がれるリコの姉もなかなかでした……笑。

2軒目は、ルコアさんが居候している魔法使いの家へ。完全に典型的なおねショタ展開で、自分としてはかなり良かったですね (サラッと暴露しましたが……笑) 。

3軒目は、ファフニールさんが居候している小林さんの同僚・滝谷君の家へ (訪問してません) 。滝谷君の影響を受け、すっかりネトゲ廃人と化したファフニールさん。しかし妙に現実味のあるようなお話で、最後は少し感動してしまいました笑。

 

最後に……。
いつも思うがカンナの脚がたまらん。
1回でも良いので、お風呂であんなシチュエーション、起こって欲しいです……。

 

 

第7話「夏の定番! (ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」

海へと訪れた小林さんたち。ルコアさんが色々と性的過ぎたり、スイカ割りがもはやスイカ割りじゃなくなってたりと色んなことがありましたが、割と重要な回でした。人間は害悪な存在であり、殲滅すべき対象であることが常識となっているドラゴンの世界。トールも親からその事を言い聞かされて育って来たのでしょうが、トールは小林さんと一緒に生活していく中で、様々なことに触れていく中で、次第に人間に対する価値観が変わっていったようです。小林さんの影響力、やっぱり凄いですね……。人間の世界に飛び込んで、初めてわかることがある。百聞は一見に如かずとは、まさにこのことなんでしょうか?

 

後半は、コミケのお話。流石のドラゴンでも、コミケの人の多さや暑さはお手上げのようでしたね笑。あのファフニールさんを放心状態にするコミケ、恐るべし笑 (ファフニールさんの作品、興味あるけど笑) 。
でもまぁ、トールにとっては様々なことを再確認する良い機会になったようで良かったです。

 

最後に……。
カンナの昆虫観察、もはや趣旨が変わっている笑。小林さんをテーマにした自由研究も気になる笑。

 

 

第8話「新たなるドラゴン、エルマ! (やっと出てきましたか)」

カンナの遠足に持っていく弁当をめぐって、初めて喧嘩をしたトールと小林さん。喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、それだけ2人の間の距離が縮まったということですよね。また、小林さんとトールの間だけではなく、その他のドラゴンとも徐々に距離が縮まり始めています。見ていてとても感慨深かったですね笑。

 

今回、満を持して新たなドラゴン・エルマが登場してきました (やっと出てきた笑) 。トールとエルマは犬猿の仲だと紹介されてましたが、ドラゴンの世界もなかなか複雑なんですね……。調和勢に混沌勢に傍観勢か……。1回ドラゴンの世界のことも詳しく描いてほしいです。

クリームパンを食べる姿が可愛いエルマ。小林さんと同じ職場に入社してましたが、小林さんの職場、かなり不思議ですよね……笑。専務が魔法使いだったり笑。ただエルマ、普通に違和感なかったですね笑。

エルマと仲良くする小林さんにやきもちを焼くトール。最後のシーン、小林さんとトールが新婚の夫婦にしか見えなかった笑。

 

最後に……。

ただ一言、翔太君が羨まし過ぎる

 

 

第9話「運動会! (ひねりも何もないですね)」

カンナの通う小学校の運動会が描かれた第9話。

 

小林さんが仕事で運動会に来ることができないと知ったカンナは落ち込むことになります。アニメの中でもトールが説明していましたが、カンナは親の愛情をあまり受けずに育ったとのこと。親の愛情というものに、ある意味で飢えているカンナにとっては切実な問題ですね。しかし小林さんの職場を密かに訪れたカンナは、事情を知って小林さんに運動会には来なくてもいいと告げます。服を握りしめながら言葉を出す姿が印象的でしたが、カンナも人間世界に来て少しずつ成長していってるんですね。
しかし、小林さんも大人です。カンナの思いを知って仕事を片付け、運動会へと行きます。どんだけ良い人なんだ……。

 

運動会当日。相変わらず才川は、カンナに触れる度にアヘ顔を晒していましたが笑、最終的にはカンナのクラスの赤組が勝利。最後のリレーのカンナの姿が成長を物語ってましたね。

 

最後に……。
ワールドクラスの件、あれはなかなか面白かった。翔太君、珍しくルコアさんを使い魔として扱えてましたね笑。
歯磨き粉の味で悩むエルマ。歯磨き粉の味で悩むという発想が面白い。