読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諭吉落としのアニメ備忘録

アニメの感想なんかをつらつらと……

TVアニメ『政宗くんのリベンジ』感想 (追記:10話)

2017年冬アニメ 政宗くんのリベンジ

f:id:arsenichero:20161228155411j:plain

原作:竹岡葉月=原作, Tiv=作画 (月刊ComicRex / 一迅社)

制作:SILVER LINK.

放送:2017年1月5日 (木) ~ <TOKYO MX

TVアニメ「政宗くんのリベンジ」公式サイト

TVアニメ「政宗くんのリベンジ」公式 (@masamune_tv) | Twitter

 

〈イントロダクション〉

一迅社「月刊ComicREX」(竹岡葉月・Tiv) にて好評連載中の「政宗くんのリベンジ」はデブで冴えなかった主人公真壁政宗 (まかべまさむね) が、イケメンに変身、8年前に自分を「豚足」呼ばわりした美少女・安達垣愛姫 (あだがきあき) を最高の形で振るために復讐を果たそうと奮闘する姿を描く「リベンジラブコメディ」。2017年1月5日よりTOKYO MXほかにてTVアニメが放送開始予定!

 

(TVアニメ「政宗くんのリベンジ」PV第1弾 説明欄より) 

 

 

 

 

第1話「豚足と呼ばれた男」

第一印象としては、正直に言ってアニメでは在り来たりな話かなといったところでしょうか。今後の展開次第で命運が分かれそうです。主人公のクラスメイト・朱里小十郎が出てきた時にこれ俺ガイルだろって、自分の中で突っ込んでしまいました……。

 

ヒロイン (残虐姫) の付ける渾名もなかなか秀逸でした。主人公の「豚足」を始め、「し毛ぼーん」に「むっちんプリンス」。
現実で言われたら、地味に傷付くラインですよね……。いや、「むっちんプリンス」は相当傷付く笑。

 

印象に残ってるキャラと言えば、ヒロインの取り巻き・小岩井吉乃に、主人公の母親・早瀬絹江 (主人公と名字違いますね)。吉乃の声は水瀬いのりでしたけど、吉乃と水瀬いのりとで雰囲気がちょっと似てるなぁというのが率直な感想でした。髪型が似てるからだろうか。主人公のデブの原因を作ったママさん。まさかの声が小倉唯とは……。ただそれだけです。

 

 

第2話「シンデレラは笑わない」

まさかの「豚足」の手紙の送り主が、小岩井吉乃だったとは……。

今回は、小岩井吉乃がキーとなる回でした。パンチラというかパンモロというかなかなかよかったですね笑。あと委員長もいい仕事してました。あそこで断った政宗は、なかなかの猛者。まぁ、安達垣愛姫への復讐を思えば……、まあ絶えれるか笑

この話で特に感情移入することができたのがメアド交換の話。政宗がメアド交換であたふたするシーンを見て、なんか分かるなぁっていう感じでした。現実問題、自分も連絡先あまり入ってないんで笑。ってか、最後に手に入れてた連絡先、吉乃の連絡先じゃないか!今後の政宗と吉乃の関係も気になります。

 

最後に……

メインヒロインの残虐姫こと安達垣愛姫、あまりパッとしてないような気がするのは気のせいですか?いや、ガードが堅い証拠か……。

 

 

第3話「吉乃のマジックショー」

徐々に政宗と安達垣さんとの仲が深まってきました。3話のタイトル通り、吉乃のマジックショーのおかげでしょうか……。

 

話の冒頭、まさかの委員長、BLもいけるとは……。別腹とか言ってましたね笑。あと小十郎の「総ウケ大将軍」というあだ名もなかなか秀逸でした。

政宗ママもドジっ子可愛かったですね。しかしあの失敗はドジでは済まされないような気が……。

 

政宗が「豚足」とよばれていた時期の安達垣さんと、現在の安達垣さんとでは大分変化がある感じですね。大食いもおそらくその変化の影響でしょう。そして吉乃が政宗の作戦に協力的なのも、以前の安達垣さんに戻ってもらいたいが故のことであると推測できます。安達垣さんの変化には、どうも政宗が大きく関わっているようでならない。今後が気になります。

 

最後に……

いやぁ、安達垣さん、下着力入ってたなぁ

コスプレもよかったし、膝枕も羨ましかった……。

 

 

第4話「今そこにある危機

政宗と愛姫の関係が大分深まってきた感じですね。まぁ最後に政宗を狙う新キャラが登場してきましたが……。

 

政宗と吉乃の師弟関係、見てて面白いですね笑

ってかいつの間にか政宗の吉乃の呼び方が「師匠」に変わってるし笑

まぁ吉乃の計画通り?、だんだん愛姫も政宗に惚れて来始めました

 

少しずつ愛姫の過去も明らかになりつつありますね。まぁ、あることがきっかけで男の人を好きになれなくなってしまった、という感じですが、どう考えたって、原因政宗ですよね……。

 

最後に……。

デレた愛姫様、結構可愛かったな

少女漫画のタイトル『薔薇と瞳のステロイド』、なんかいけない気がする……。

 

 

第5話「ミステリアス・キャット」

新キャラとして藤ノ宮寧子が登場しました。どうにも政宗を長い間慕っているようですが、果たして豚足時代の政宗と何か関係があるのでしょうか?それに寧子の「面白いゲームが始まる」というセリフもやけに気になります……。まさにミステリアス・キャット……。

 

寧子の登場により、徐々に良好な関係が築かれつつあった愛姫との関係が悪くなってしまいましたね……。まぁ政宗にしてみれば、いくら復讐の相手だからとは言え、関係が悪くなるのは、作戦の都合上避けるべきことですからね……。愛姫とのプール掃除のシーン。そこで愛姫は政宗に対し、自分が本当に好きであるなら、それを証明するためにキスをしたてみなさい、と告げました。もしかすると寧子が現れたことによって、政宗に対して嫉妬を感じてしまったんですかね?次回に注目。

 

最後に……。
寧子さん、まさかのノーパンとは……。自分としちゃあ歓喜だけど、性癖としてはかなり上級だよな笑。愛姫のスク水姿も最高だった。スク水はやっぱ貧乳の方が映えますな (愛姫様に殺される)。

 

 

第6話「突撃! お宅訪問戦」

愛姫が、自分のことが好きなら、それを証明するためにキスしてみなさい、と政宗に告げた場面で終わった第5話。果たしてどうなることやらとは思ったものの、キスをせがんだ当の本人がやっぱりダメとか、ありゃ調子狂っちゃいますね笑。まぁそれが愛姫らしさを物語っている、と言ってしまえば、それまでですが、政宗が復讐したくなるのも分からなくはないですね。政宗が愛姫のことを「人間の形をしたハム」って表現したのは、なかなかの発想ですね……笑。

 

一方、吉乃は突如として現れた藤ノ宮寧子の存在を快く思ってない模様です。まぁ、何だかんだ言って政宗には協力的ですからね。流れで寧子とともに政宗の家に訪問することになってしまいましたが、これがまた政宗と寧子は似ているところが多い。政宗と愛姫との関係、政宗の作戦に大きな影響を与えそうです……。

 

政宗ママ、寧子のことを知っている感じでしたね。寧子も政宗の豚足時代を知っているようです。過去にどんなことがあったのか、今後に注目。

 

最後に……。

やっぱ、このアニメの中じゃ吉乃が一番だなぁ。着物姿が可愛かった。

胸が段々と大きくなっているのは気のせいか??

 

 

第7話「綱手島事件」

水着回となった第7話。愛姫以外の女性キャラの胸が大きくて、愛姫の申し訳程度の胸が悪い意味で引き立っていましたが、気にすることは無い。貧乳はステータス笑。

 

今回は、愛姫の父親の秘書・由井崎翠が登場しました。恋愛の方面では何かと空回り気味という設定っぽいですが、そういうところも働いて当初は、愛姫の彼氏 (という設定) である政宗を疎ましく思っていました。まぁ後半で、完全に政宗に惹かれてしまってはいましたが……笑。
愛姫の男性不信になった原因は、完全に政宗ですね笑。ただそういったことを考慮すると、愛姫が政宗に「豚足」というあだ名をつけたのかどうかが疑問に感じてしまうが……。

 

全体的に箸休め回のような印象を受けましたが、徐々に愛姫と政宗の関係は縮まってきています。果たして、作戦はどういう風に展開していくのでしょうか?

 

最後に……。
買いを追うごとに小十郎が可愛く見えてきて仕方が無くなってきた笑。俺ガイルの時もそうだったなぁ……笑。

 

 

第8話「君じゃないんだ」

島に荷物を忘れてしまった政宗。その荷物をなんとあの愛姫様が直接届けてくれることに……。愛姫は由井崎さんにけしかけられて、と言っていましたが満更でもなさそうでしたよね笑。しかし、そんな愛姫様上機嫌の時に政宗と来たら……。豚足時代の愛姫とのツーショット写真が寧子に取られたことが分かり、気が気でしょうがない。ついに愛姫を怒らせてしまいました……。デッド・オア・ラブ作戦、難航を極めております。

 

政宗と寧子とのシーン、ここは今までの話の中ではかなり重かった感じですね。イケメンやデブといった見た目は、所詮皮一枚の問題でしかない、と主張する寧子。ただこれは見た目が良い人間だからこそ言えることであり、加えて自分への接し方が本気のものではないと感じ取った政宗は、寧子を突き放します。今まで女性と付き合った経験のない政宗にしてみれば、完全に苦行ですよね……。

終盤に発覚した寧子の病弱設定。果たして寧子は、どこへ失踪してしまったのか……。

 

最後に……。
ついに政宗、キスしましたね (された、の方が正しいか) 。しかしあんなファーストキスは嫌ですね……。
吉乃はとにかく、胸が大き過ぎ笑。

 

 

第9話「愛とも恋ともいうけれど」

寧子の失踪が発覚したところで終わった第8話。この後、政宗たちは手分けして寧子を探すことになりますが、寧子がいたのはなんと学校の屋上。どうも漫画『薔薇と瞳のステロイド』に出てくるシチュエーションらしいですね。見つかってすぐ、寧子は病院へ搬送され、病室で政宗・愛姫に自らの心中を語ることになります。

 

政宗と寧子の関係については、過去に何かあるのだろうとは思っていましたが、小さい時からやっぱり交流があったんですね。政宗に接触したのも、海外で大きな手術を受ける前に恋愛をしたかったから、というもの。寧子には一早く治ってもらいたいですね。一方で寧子は愛姫に、政宗に対して意地を張らなくてもいいのではないかと告げます。寧子の言葉に、愛姫は豚足時代の政宗を思い起こします。ってか愛姫、デブ専なんですね笑。政宗、痩せないほうが良かったんじゃないか笑?

 

そんな時、愛姫の目の前に豚足時代の政宗の面影を残した謎の男が現れます。OPに出てきている時点で思ってはいましたが、あれ誰なんですかね?また一波乱ありそう……。

 

 

 

第10話「疑惑の新学期」

愛姫の前に突如として現れた、豚足時代の政宗の面影を残す謎の男。彼の名は、雅宗兼次。それも何と愛姫の許嫁とのこと。愛姫は完全に政宗だと勘違いしてる感じですが、雅宗が来てからの愛姫、大分イメージ変わりましたね笑。髪型まで変えてくるとは……。やっぱり愛姫はデブ専なんですね……。

 

そんな事はつゆ知らず、政宗はひたすら体を鍛え直していた模様。新学期早々、愛姫の側にあんなぽっちゃり男がいて良い感じの雰囲気になってたら、そりゃ驚きますよね笑。女は全員イケメンになびくという固定観念。完全に致命傷でしたね笑。
まぁ雅宗の出現に政宗は危機を感じる訳ですが、どんどんと話は進んで行き、愛姫を巡る行方は、文化祭での演劇で決着が付くことに。愛姫親衛隊までもが雅宗のサポートに回っている中、果たしてどういう展開になるのか……。

 

最後に……。
いつの間にか手術を終え、帰国していた寧子。ホントに病気治ったんだよね?